透析室の紹介

透析室の紹介

人工透析の様子

透析ベッド数が5床(うち血液濾過透析(HDF)対応が1床)あり、医師1名、臨床工学技士2名(うち1名透析技術認定士)、看護師2名の体制で透析を行っております。

当院は名寄市立総合病院、旭川赤十字病院、市立稚内病院と連携しており、大切なシャントにもしものことがあった際にも対応できるため安心してご利用頂けます。

また、ご旅行による臨時透析や入院透析のような透析患者さんの受け入れも対応しておりますので、気になることがございましたらお電話(下記に詳細あり)で透析室までお問い合わせください。

※透析導入後の慢性期透析の方が中心となります。

平成29年8月号 「透析療法の現状と当院の実情」はこちらから

診療時間

受付時間
午前8:00〜
午後13:50〜

食事

透析患者さんのデータを見て管理栄養士と連携し、食事指導を行っています。

食事を御希望される患者さんは、管理栄養士が管理した食事を1食540円(税込)でご用意しておりますので、事前にお申し込みください。

※当日のお申し込みは受け付けておりません。

フットケアについて

透析患者さんは腎不全や高齢化により動脈硬化が進むと、脚への血流不良が起こります。そうなると、脚先の冷えや痺れが現れ、最悪の場合、脚にできた小さな傷が原因で壊死・下肢切断になってしまう恐れがあります。

そのため、当院では透析中に看護師によるフットケアを実施しており、マッサージによる脚の血流改善が下肢トラブルの予防に努めております。

また、白癬や胼胝といった脚病変の早期発見にも有用です。

透析液の清浄化について

  1. ①毎月、RO水と各コンソールから透析液を採取し、エンドトキシン濃度及び細菌の培養を行い検査を実施しております。
  2. ②全てのコンソールにETRF(エンドトキシン捕捉フィルタ)を装備し、定期的に交換をしております。
  3. ③毎週約7時間かけ、次亜塩素酸ナトリウムによる消毒を行っております。
  4. ④日曜日など透析のない日もRO装置を一定時間動かし、菌が発生しないように水の流れを極力止めないように工夫もしております。

透析室の見学について

施設見学は随時行っております。担当者がわかり易くご説明・ご案内させていただきますので、まずはお問い合わせ下さい。

旅行透析について

当院では、旅行や出張の際の臨時透析のご予約をお受けしております。

ベッドの空き状態の確認もありますので、まずはお電話にてお早めにご相談下さい。

全透析ベッドには液晶テレビとDVDプレーヤーが設置されており、無料でご利用いただけます。

※イヤホンの貸し出しは致しておりませんのでイヤホンのご持参をお願いいたします。

1)透析入室時間
AM7:40~8:30  PM1:30~2:10
2)透析当日にご用意していただくもの
・バスタオル
・タオル
・パジャマ
・イヤホン
・スリッパ
・止血バンド2本
・健康保険証等書類一式 (原本)
・紹介状
なお、透析条件等によっては対応できない場合もございますので、まずはお問い合わせの上ご相談ください。
3)お問い合わせ・お申し込み
〒098-3312
北海道天塩郡天塩町字川口5699番地の3
TEL 01632-2-1058 (内線126)
FAX 01632-2-3116
4)ご注意
当院は敷地内禁煙となっておりますので、ご理解いただきご協力下さいますようお願いいたします。